自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 症状から知る自律神経の乱れを整える方法 » 胃痛

胃痛

自律神経失調症で胃痛の症状を訴える人もいます。胃の不調は体全体のトラブルにもつながります。胃が痛む原因と、胃痛を和らげたり改善する方法を紹介しています。

なぜ自律神経が乱れると胃痛の症状が起こるのか

ストレスで胃が痛くなったという人は多いと思います。緊張した状態で、胃がギュッと締めつけられるように痛くなる。これは、自律神経のバランスが乱れて、副交感神経の働きが弱まっているためです。

副交感神経は、胃や腸などの消化器系の働きをつかさどっています。必要な時に、必要な分の胃酸を出し、消化機能をコントロールするのが副交感神経の役割。ですが、副交感神経の働きが弱くなると、胃酸の調整がうまくなされずに胃酸過多や消化不良などを起こして胃炎が生じるのです。

胃痛だけではない体からのサイン

なぜ自律神経が乱れると胃痛の症状が起こるのか律神経失調症の場合、胃痛のほかに胃のむかつきや食欲不振、ストレスによる食べ過ぎ、胸やけ、げっぷなどの症状も併発していることが多いようです。

胃腸の働きが悪くなると、ほかの消化器にも影響を及ぼし、さらなる不調を引き起こすということがあるので特に注意しておきたいところです。

自律神経失調症の人は、ストレスによって食べ過ぎたり飲みすぎたりすることも多々あります。やけ食いをすると、一時的にすっきりする感じはあります。それは、食べ物を消化するために副交感神経が働くからです。

しかし、食べ過ぎの状態が続くと、胃をはじめとする内臓に大きな負担がかかり、さまざまなトラブルにつながる恐れがあるので食べ過ぎは禁物です。

自律神経失調症による胃痛の対処法

胃もたれや胃痛などの胃の不調は、胃からのサインであると捉えることもできます。食べ物を消化するという作業は、たいへんな労力を要するのです。

そのため、胃は、胃痛や胃もたれなどの症状を出し、食べ物を食べさせないようにしているとも考えられます。そのような場合、対策としては胃に負担のかからないように食べることです。食べるを減らしたり、消化のいい食べ物を食べたりして、胃の負担を軽くしてあげましょう。

また、自律神経失調症の胃痛の場合、交感神経を抑え副交感神経を優位にすることも大切です。ストレスのもとを取り除き、心と体を緊張状態から解放してあげましょう。

胃痛を軽減する栄養素とは?

ストレスを摂り除くのが大前提ではありますが、実は食べ物によって副交感神経を優位にすることができます。それはみなさんも耳にしたことがある「食物繊維」です。実は食べ物が腸の中を通っている時に、自然に副交感神経は優位になっています。そして食物繊維は腸の中をゆっくり移動していくので、副交感神経を長い時間維持することができます。

副交感神経が優位になっている時は体がリラックスをし、体を修復していくため胃痛にも効果があると考えられます。

毎日必ず食事はしますから、食物繊維の豊富なゴボウなどの根菜類・キノコ類などをもう一品プラスしてみるのも良いと思います。

 
自律神経失調症の治し方のすべて