自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 症状から知る自律神経の乱れを整える方法 » 胃痛

胃痛

自律神経失調症で胃痛の症状を訴える人もいます。胃の不調は体全体のトラブルにもつながります。胃が痛む原因と、胃痛を和らげたり改善する方法を紹介しています。

なぜ自律神経が乱れると胃痛の症状が起こるのか

ストレスで胃が痛くなったという人は多いと思います。緊張した状態で、胃がギュッと締めつけられるように痛くなる。これは、自律神経のバランスが乱れて、副交感神経の働きが弱まっているためです。

副交感神経は、胃や腸などの消化器系の働きをつかさどっています。必要な時に、必要な分の胃酸を出し、消化機能をコントロールするのが副交感神経の役割。ですが、副交感神経の働きが弱くなると、胃酸の調整がうまくなされずに胃酸過多や消化不良などを起こして胃炎が生じるのです。

胃痛だけではない体からのサイン

なぜ自律神経が乱れると胃痛の症状が起こるのか律神経失調症の場合、胃痛のほかに胃のむかつきや食欲不振、ストレスによる食べ過ぎ、胸やけ、げっぷなどの症状も併発していることが多いようです。

胃腸の働きが悪くなると、ほかの消化器にも影響を及ぼし、さらなる不調を引き起こすということがあるので特に注意しておきたいところです。

自律神経失調症の人は、ストレスによって食べ過ぎたり飲みすぎたりすることも多々あります。やけ食いをすると、一時的にすっきりする感じはあります。それは、食べ物を消化するために副交感神経が働くからです。

しかし、食べ過ぎの状態が続くと、胃をはじめとする内臓に大きな負担がかかり、さまざまなトラブルにつながる恐れがあるので食べ過ぎは禁物です。

自律神経失調症による胃痛の対処法

胃もたれや胃痛などの胃の不調は、胃からのサインであると捉えることもできます。食べ物を消化するという作業は、たいへんな労力を要するのです。

そのため、胃は、胃痛や胃もたれなどの症状を出し、食べ物を食べさせないようにしているとも考えられます。そのような場合、対策としては胃に負担のかからないように食べることです。食べるを減らしたり、消化のいい食べ物を食べたりして、胃の負担を軽くしてあげましょう。

また、自律神経失調症の胃痛の場合、交感神経を抑え副交感神経を優位にすることも大切です。ストレスのもとを取り除き、心と体を緊張状態から解放してあげましょう。

胃痛を軽減する栄養素とは?

ストレスを摂り除くのが大前提ではありますが、実は食べ物によって副交感神経を優位にすることができます。それはみなさんも耳にしたことがある「食物繊維」です。実は食べ物が腸の中を通っている時に、自然に副交感神経は優位になっています。そして食物繊維は腸の中をゆっくり移動していくので、副交感神経を長い時間維持することができます。

副交感神経が優位になっている時は体がリラックスをし、体を修復していくため胃痛にも効果があると考えられます。

毎日必ず食事はしますから、食物繊維の豊富なゴボウなどの根菜類・キノコ類などをもう一品プラスしてみるのも良いと思います。

自律神経失調症による胃痛の症状

自律神経失調症による胃痛の症状としては次のようなものが挙げられます。

代表的なのが、まるで胃をぎゅっと掴まれたような痛みが発生するということ。締め付けられるような胃痛を感じている方は自律神経失調症が原因かもしれません。

中には締め付けられる痛みというよりも、針のようなものでチクチク刺されているような痛みを感じる方もいるようです。

また、そういった痛みのほかに何となく胃の辺りがムカムカする…といった症状を感じている方もいます。これが悪化すると悪いものを食べたわけではないのに一日中吐き気を感じるような方も。

厄介なことにこれらの症状が同時に現れやすいのが自律神経失調症の特徴です。

それから、食べ過ぎた時に感じるような消化不良やゲップが現れる方もいます。消化機能が落ちたのかな…とばかり疑ってしまい、原因が自律神経失調症にあることに気づけない方も多いでしょう。

このような胃のトラブルが続くと、当然ながら食欲も落ちます。お腹が空いているのに食べられない、少し食べただけですぐに胃がムカムカしてくる、胃が物を受け付けない身体になることもあるのです。

それから、まるで逆流生食道炎のような症状を感じる方も多いです。逆流性食道炎といえば、胃酸が逆流してくるような症状のことで、喉の奥が焼けているような痛みを感じる方もいます。

食べ過ぎた時や飲みすぎた時に発生することが多い症状なのですが、そういったことで思い当たることがないものの逆流性食道炎のような症状が出た場合には自律神経失調症が原因である可能性も疑ってみましょう。

様々な症状が同時に現れる人も

自律神経失調症になった場合、症状として現れるのは胃痛だけでなく、めまいや肩こり、頭痛に頭の重さ、手足のしびれや痛み、冷え、顔のほてり、動悸、下痢、便秘、不眠に関する症状など実に様々です。

 

 

参考:『わかりやすい病気のはなしシリーズ19 自律神経失調症』一般社団法人日本臨床内科医会
http://www.japha.jp/doc/byoki/019.pdf

もしかしたら、自分の感じている胃痛以外の症状も自律神経失調症が原因で発生しているものかもしれないので、病院でしっかりとした検査を受けましょう。

胃痛にうれしいレシピ集

胃痛を感じている時におすすめの胃に優しい料理としておすすめしたいのが、消化を促進する働きを持った食材を取り入れるということ。中でもおすすめなのが長芋を使った料理です。長芋には消化を促進する効果だけでなく、粘膜を保護する働きもあるのです。

 

ナガイモは,ヤマノイモ科ヤマノイモ属に属するヤマイモの一種であり,各種の消化酵素を含むことから唯一生食できるイモとして,古くから消化促進,滋養強壮に良いとして食されてきた.

 

出典:『ナガイモでインフルエンザ予防!』工藤 重光 他
https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/8705_daigakuhatsu.pdf

疲れている胃の状態を改善させるためにも長芋の料理を取り入れてみましょう。

長芋スープ

寒い季節にぴったりなスープです。

  • 1.皮をむいた長芋を3、4cmの長さに切って細めの千切りにする
  • 2.鍋に水2カップとコンソメ1/2個を入れて火にかける
  • 3.沸騰したら塩コショウで味を調え、千切りにした山芋を入れた器に注ぐ

とても簡単なレシピです。千切りにした長芋自体をスープに入れてしまうとトロトロして器によそうのが大変になるので先に器に長芋を入れておきましょう。スープが冷めるのが気になる場合は長芋だけレンジでチンしておくのもおすすめです。

長芋とキャベツのお好み焼き

少しボリュームがあるものを食べたい時におすすめ。キャベツには胃粘膜の再生を促す働きもあるので、長芋と一緒に取り入れてみましょう。

  • 1.大きめのボウルに薄力粉80g、薄口醤油小さじ1/2、顆粒だし小さじ1、長芋のすりおろし140gを入れてよくまぜる
  • 2.千切りにしたキャベツ180g.卵2個、揚げ玉など肉以外の好みの材料をまぜる
  • 3.フライパンに油をひいて2を流し入れたら豚バラ肉を乗せて焼く
  • 4.両面をしっかりと焼いて完成

あとはお好みでソースやマヨネーズ、青のり、鰹節をかけましょう。たくさん食べると胃もたれに繋がってしまうので、おいしいからといって食べ過ぎには注意が必要です。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて