自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 症状から知る自律神経の乱れを整える方法 » しびれ

しびれ

自律神経失調症によって、手足などのしびれが出る場合があります。なぜ自律神経失調によってしびれが起こるのかについて解説し、手足や体のしびれの対策を紹介しています。

なぜ自律神経失調症によってしびれが起こるのか

しびれイメージ画像手足をはじめ、体全体のしびれも自律神経失調症の症状のひとつ。関節や筋肉に何かしらの障害を受けて生じる運動器的なしびれの場合、片手や片足など体の片方だけがしびれることが多いのですが、自律神経失調症では両手や両足がしびれたり、顔全体、背中、両手両足など、体全体がしびれたりします

自律神経失調症によるしびれは、血流が悪くなることで起こります。自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位になると、血管が収縮してしまい血液の流れが悪くなります

血液には、全身に酸素や糖を運ぶ役割がありますから、血液の流れが悪くなると酸素が不足したり低血糖になったりして、手足や体全体のしびれが起こってしまうのです。

ストレスが原因のことも

ストレスなどによって筋肉が緊張することによっても血流は悪くなります。こわばった筋肉が血液の流れを圧迫してしまうからです。すると、神経の酸素が不足してしびれが生じるのです

いつもと違うしびれやけいれん、ふるえ、引きつりなどの症状がある場合には、ほかの病気が隠れている場合があるので、一度専門医に受診することをおすすめします。

しびれを解消・改善する方法

自律神経失調症による手足や全体のしびれを改善するには、交感神経の働きを抑えること。それには、体を温めるのが一番です。体を温めることで血流がよくなり、全身に酸素がしっかり行きわたります。

しびれがある部位はもちろん、首、手、足、お腹などをあたためると、副交感神経の働きが活発になります。お風呂に入った時に、シャワーを当ててみたり、蒸しタオルやカイロなどで温めるのもいいでしょう。

筋肉が緊張すると血流も悪くなるので、手や足などしびれているところだけでなく、全身の筋肉をほぐすストレッチやマッサージ、適度な運動などもおすすめです。

しびれを解消・改善する栄養素は?

交感神経の働きを抑える成分として有名なのがマグネシウムです。このマグネシウムは人間の体のとても重要な役割を担っており、不足してしまうと自律神経失調症・不安症・不眠症などをひき起こしやすくなります。酵素の働きとも関係しており、精神安定には欠かせない成分といっても過言ではありません。

 マグネシウムが豊富に含まれている食べ物は、わかめなどの海藻類です。わかめはお味噌汁や酢の物と相性が良くとりいれやすいですし、海苔もおにぎりを買えば必ずといっていいほどついてきますし摂取しやすいかと思います。その他にも味噌やあさりなどにも含まれていますから、食生活に少しプラスしてみるように心がけましょう。 

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて