自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 症状から知る自律神経の乱れを整える方法 » 生理痛・生理不順

生理痛・生理不順

自律神経の乱れは、女性ホルモンのバランスも崩します。それによって、生理不順や生理痛が引き起こされることも。自律神経失調症が生理痛や生理不順につながる仕組みと、有効とされる対策を紹介しています。

自律神経失調症によって引き起こされる生理痛・生理不順

自律神経失調症によって引き起こされる生理痛・生理不順

自律神経をコントロールしているのは、大脳の視床下部です。視床下部のすぐ近くには脳下垂体があり、脳下垂体では女性ホルモン分泌の指令を出しています。

女性ホルモンというのは卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つをいいます。卵胞ホルモンは、女性らしさをつくるホルモンで、月経を起こしたり子宮に作用して妊娠に備えた体作りをします。黄体ホルモンは妊娠を助けるホルモンで、受精卵を着床しやすくしたり、妊娠を継続させる働きがあります。

視床下部は脳下垂体もコントロールしていますが、視床下部が脳下垂体の影響を受けることもあります。つまり、自律神経が乱れることによって女性ホルモンのバランスが崩れることもあり、女性ホルモンのバランスが崩れることによって自律神経も影響を受け、自律神経失調症になる場合もあるのです。

自律神経の乱れが女性に多いとされる理由

自律神経失調症は、男性よりも女性に発症することが多いといわれています。それは、女性ホルモンが少なからず影響していることの表れだと考えられています。

自律神経が乱れることによって血流が悪くなり、冷えを起こすと骨盤内がうっ血します。すると子宮が冷え、固くなってしまうので、生理痛や生理不順も起こりやすくなるのです。

生理痛・生理不順の対策

生理痛や生理不順への対策としては、お腹、腰、足などを冷やさないようにすること。生理痛の時は、お腹や腰にカイロを貼ったり、腹巻やレッグウォーマーなどで温めると、痛みがかなりやわらぎます。自律神経失調症のときは、血流が悪くなって体も冷えやすくなっているので注意しましょう。

自律神経の乱れによって生じる生理痛・生理不順を改善するためには、自律神経のバランスを整える必要があります。自律神経失調症は、交感神経が優位になることによって起こることが多いので、ストレスを少なくして、体と心をリラックスさせ、副交感神経優位の状態にするようにしましょう。

栄養素を積極的にとって改善へ

女性ホルモンを整えるための対策として食事に気をつける方法があります。食事は私たちの体をつくる大切な行為ですが、食べるものがなんでも良いというわけではありません。女性ホルモンを整えて根本から改善するためのサポートをしてくれる成分を摂取していくことが大切。

女性ホルモンを整えるために必要な成分はビタミンBです。

ビタミンBは女性ホルモンの1つであるエストロゲンの働きにかわって、ホルモンバランスを整えてくれる働きをします。ホルモンが崩れる大きな原因になる月経前症候群を和らげてくれる効果も期待できます。

ビタミンBはさんまやカツオなどの光物の魚やレバーなどに豊富に含まれています。大豆も効果がありますので、豆腐や納豆などもオススメの食べ物です。 

 
自律神経失調症の治し方のすべて