自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 症状から知る自律神経の乱れを整える方法 » 冷え性

冷え性

冷え性も自律神経失調症の代表的な症状の一つです。女性に多い症状ですが、最近は若い男性にも増えてきているようです。

自律神経失調症と冷え性の関係・原因

冷え性とひとことで言っても、人・環境によって体の冷える部分は異なってくるようです。具体的な症状としては次のようなものがあります。

  • 手足が冷えてめまいがする
  • 手足が冷えて寝付けない
  • 悪寒がするほど冷えている
  • 朝起きて数時間たってもなかなか体が温まらない
  • 気温に関係なく、腰や肩周辺、手足が冷える
  • 夏でも寒く感じる

など。

このような症状に当てはまる場合、冷え性であると言えます。

冷え性になる主な原因としては、筋肉量が少ない・体を冷やす食べものを好む・血流の悪化の3つが考えられますが、この中でも血流の悪化は自律神経のバランスが崩れることで起こっていることが多いようです。

ストレスや睡眠不足などで自律神経が長い間緊張状態になっていると、血管が委縮して血液の流れが悪くなり、熱を全身に運べなくなってしまいます。

この場合、手足の指先にいくほどひどく冷えている状態になります。

これは、体の末端ほど毛細血管が増えるため、血流悪化の影響を受けやすいからです。

「冷えは万病のもと」と言われているように、冷えた状態を放っておくと、体のあらゆる場所に悪影響を与えます。

漢方薬の多くが体を温める効果のある生薬を使っていることからもわかるように、体を温めるだけでさまざまな不調を改善できるのです。

自律神経失調症やうつ病、不安症など、精神的な疾患と思われている症状も「体の冷え」と密接な関わりがあると考えられています。

体が冷えている状態で、さらに自律神経失調症や不眠などの症状を併発してしまうと、体力はどんどん奪われてその他の病気にかかるリスクも高くなりますから、たかが冷え性と考えずに早期に対処することが肝心なのです。

冷え性改善に効果的な栄養素

冷え性冷え性を治すための第一歩として、まずは体中に十分な酸素をいきわたらせて代謝を上げることが必要です。そのためには、「鉄分」を補うのが効果的です。

成人が1日に必要な鉄分を食べ物から摂るとしたら、豚レバーがもっとも効率的です。豚レバー100gで1日分が補えます。(目安としては、とんかつ1枚分くらいが100g強です)

この他、鶏レバー、はまぐりの佃煮・牛肉(センマイ)・豆味噌・卵黄なども鉄分を多く含んでいます。

さらに、血液循環を高める「ビタミンE」を含むかぼちゃやうなぎ、血行を良くする成分の一つである「アミノ酸」を含む黒酢やタンパク質、代謝を高め毛細血管を広げる作用のあるニンニク、内臓の動きを活性化し新陳代謝を良くするショウガ、根菜類など、体を温めると言われている食品も積極的に摂りたいですね。

この他、よもぎ茶やクコ茶なども体を温める作用があると言われています。

また、体を冷やす食べ物(バナナ・白砂糖・トマト・きゅうり・スイカ・りんご・パイナップル・コーヒーなど)を控えるようにすることも大切です。

しかし、果物や生野菜は体に必要な酵素を含んでいるので、もちろん食べないわけにはいきません。これらの食品を摂る時は、なるべく冷蔵庫から出してすぐではなく、常温に戻してから食べるようにしましょう。

※食べ物以外の冷え性対処法…

  • シャワーで済ませず湯船につかる
  • 重ね着をする
  • 暖房器具やカイロなどを活用する
  • きつい下着を付けない
  • ハイヒールを履かない
  • ストレスをためない など

自律神経失調症の他の症状

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて