自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 症状から知る自律神経の乱れを整える方法 » 目の渇き・ドライアイ

目の渇き・ドライアイ

ドライアイ(目の乾き)の症状も、自律神経失調症の症状の一つです。目の疲れだけでなく、心の疲れもドライアイの原因になることがあります。

自律神経失調症にともなうドライアイや目の乾き

目の乾き・ドライアイドライアイというと、パソコンやスマホの見過ぎなどによる目の使い過ぎが原因という印象が強いですが、実は自律神経失調症になってしまった場合にも起こり得る症状です。

通常、私たちの目は常に少量の涙が出ていて目の表面を覆っています。この「涙を出す」という働きは副交感神経がコントロールしています。しかし、自律神経失調症になると副交感神経の働きが低下してしまうため、涙が出にくくなってドライアイの症状が出てきてしまうのです。

また、目が乾くだけでなく、突然意味もなく涙が出ることもあります。これは自律神経が低下した反動で、いきなり副交感神経が優位になることがあるからです。

涙が不足している状態を自律神経がなんとか解消しようとするためだといわれています。

ちなみに、涙には二種類あります。

普段目を覆っている涙には、目を細菌から守るために「リゾチーム」という酵素が含まれています。

一方、感情が高ぶった時にボロボロと流れ落ちる涙には、ストレスで生じた有害物質である「コルチゾール」が含まれています。ストレスを受けたことによって体内に有害物質が発生すると、それを体の外に出そうとして涙が沢山流れるのです。

つまり、ストレスを受けた時は泣くことによって体の外に有害物質を出すことができる、ということです。

辛い時や悲しい時、「泣いてスッキリした」という経験をしたことがある方は多いと思いますが、実は涙を流すことには本当にデトックス効果があったというわけです。

ドライアイの改善方法・効果的な栄養素

自律神経失調症が原因のドライアイの場合、ストレスを溜め込まないことや、しっかり眠って目と心を休めることが一番です

また、首が凝り固まっているとドライアイになりやすいので、首を大きくゆっくり、たくさん回すようにすると症状が軽くなってくるようです。

ストレスが多いとドライアイになりやすいので、時には我慢しないで泣く・涙を流すというのもおすすめです。

栄養素では、次のような成分がおすすめです。目の健康を守ってくれる栄養素を含む食品を積極的に摂ると良いでしょう。

  • ビタミンA…目の健康と密接な関係にあり、ドライアイの症状を緩和する働きがあります。鶏肉・レバー・豚肉・ホタルイカ・ウナギ・牛肉などに多く含まれます。
  • ビタミンB…目の血行を促し、眼精疲労の回復に効果的です。視神経の働きを高める効果もあります。レバー・豚肉・卵・にんにく・豆類などに多く含まれます。
  • DHA/EPA…目の働きに必須の成分です。目の疲労回復や血流改善、視力回復などの効果があります。イワシなどに多く含まれています。
  • ルテイン…水晶体や網膜に留まり、ブルーライトや紫外線から目を守ってくれる効果があります。ほうれん草やケールに多く含まれています。
  • アントシアニン…目の血流を良くして疲労を回復したり、視界を良好にする働きがあります。ブルーベリーに多く含まれています。
  • アスタキサンチン…ドライアイが原因の眼精疲労に効果があるといわれています。鮭やエビに多く含まれています。
  • タウリン…角膜を修復する働きがあり、視神経へのダメージを防ぎます。タコ、イカ、カキなどに多く含まれます。

自律神経失調症の他の症状

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて