自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 症状から知る自律神経の乱れを整える方法 » 食欲がない

食欲がない

自律神経失調症の人の中には、食欲がなくなるという人も少なくないようです。自律神経の乱れが食欲不振を引き起こす原因、食欲がないときの対策についてまとめています。

自律神経失調症になるとなぜ食欲がなくなるのか

自律神経失調症になるとなぜ食欲がなくなるのか

自律神経失調症になると、次のような食欲不振の症状を訴える人が多いようです。

  • 「食事の時間になっても何も食べたくない」
  • 「食べると気持ち悪くなる」
  • 「食べた後は胃の調子が悪くなる」
  • 「胃がむかむかする」
 

食欲不振は交感神経と副交感神経のバランスが原因

自律神経が乱れることによって、食欲がなくなることがあります。それは、交感神経が優位な時、食欲は抑えられ、副交感神経が優位な時に、食欲がわくからです。

食道や胃、腸などの消化器官は副交感神経が支配しているため、交感神経が優位になると、これらの器官の働きも低下してしまいます。そのため、食欲がわかなかったり、食べた後に胃の調子が悪くなったり、胃がむかむかするという症状が現れるのです。

お腹が空いてイライラしていたけれど、食べ物を食べて落ち着いたという経験がある人もいると思います。また、食事の後は眠くなることもありますよね。

これは、食べ物を食べると、消化器官を機能させるために副交感神経が働き、それによって副交感神経が優位になり、リラックスできたり眠くなったりするというわけです。

 

自律神経失調症で食欲がないときの対策

基本的に食事は、朝、昼、晩と規則正しく摂ったほうがいいのですが、自律神経失調症で食欲がない時は食事の時間だからといって無理に食べる必要はありません。

無理に食べると内臓に負担をかけて、症状が悪化することもありますから、お腹がすいたら食べるようにするだけで十分です。

お腹が膨れている感じがしたり、食べ物が飲み込みにくかったり、胃が重たく感じたり、げっぷがたくさん出たり、お腹が空かないなどの症状があれば、胃が疲れている証拠。睡眠をしっかりとり、体と心を休ませながら、内臓も休ませてあげましょう。

胃や腸は、免疫力と関わっていて、体全体の調子を整える器官でもあります。胃腸の調子が悪いと、全身に影響を及ぼすとても大切な器官なので、十分にケアしてあげましょう。

食欲がなくならないように改善する栄養素

私たちの体を作る食事ができなくなると、次は体の病気を発症する可能性もあります。ですからできるだけ食欲がなくならないように、どんな栄養素を摂っていけばよいのか紹介していこうと思います。

昔から梅干しやキムチ、レモンなど酸っぱいものを食べると食欲が出るといわれていますよね?その効果をもたらせてくれる成分がクエン酸です。クエン酸が含まれているものを口にすると唾液が分泌され、その影響で胃液が出ます。胃液が出ると活発に胃が動きだすため食欲不振を防ぐ事ができます。

ですので、もし食欲不振に陥った時でも梅干し1粒だけでも食べてみたり、ミカンだけでも口にしてみると食欲を促進させることが出来るかもしれません。

 
自律神経失調症の治し方のすべて