自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 症状から知る自律神経の乱れを整える方法

症状から知る自律神経の乱れを整える方法

めまいや耳鳴り、しびれ、下痢、不眠、イライラ…自律神経が乱れるとさまざまな症状が体にあらわれます。自律神経失調症の代表的な症状をピックアップし、その原因や対策をまとめています。

自律神経の乱れによって現れる症状とは

交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで、私たちの体には様々な症状がシグナルとして出てきます。ここでは、症状ごとの理由をリサーチし、改善のために必要な栄養素などを紹介していきます。

めまい・耳鳴り

自律神経失調症の中でもとくに多い症状です。

自律神経のバランスが崩れることで血流が悪くなり、平衡感覚を調整する前庭神経や聴覚をつかさどる蝸牛神経が誤作動を起こすことで生じるといわれています。

めまい・耳鳴りの症状と対策方法≫

頭痛・肩こり

長期間同じ姿勢をとっていたり、ストレスや過労によって血流が悪くなります。それによって頭痛や肩こりが引き起こされます。

頭痛・肩こりの症状と対策方法≫

 しびれ

交感神経が優位なると血管が収縮して血流が悪くなります。それによってしびれが生じます。

自律神経失調症の場合、両手、両足、顔全体、背中など、体全体にしびれが出るのが特徴です。

しびれの症状と対策方法≫

不眠

副交感神経が十分に働けないため、眠れない、リラックスできないという症状が現れます。

不眠の症状と対策方法≫

下痢・腹痛

ストレスによって自律神経が乱れ、下痢や腹痛を起こすことがあります。

下痢・腹痛の症状と対策方法≫

光がまぶしい

自律神経が乱れると瞳孔が収縮しにくくなるため光がまぶしく感じられます。

光がまぶしいの症状と対策方法≫

食欲がない

胃や腸などの消化器は副交感神経がコントロールしているため、交感神経が優位になると消化器の働きも低下します。

食欲がないの症状と対策方法≫

生理痛・生理不順

自律神経の乱れによって女性ホルモンのバランスも崩れ、生理不順や生理痛が引き起こされます。

生理痛・生理不順の症状と対策方法≫

発熱・微熱

交感神経と副交感神経のバランスの乱れによって体温調節がうまくいかなくなり、熱が出てしまうことがあります。

発熱・微熱の症状と対策方法≫

感情が不安定

交感神経が優位になると興奮状態になり、外からの刺激に敏感になるので、イライラしたり感情が不安定になることが多くなります。

感情が不安定の症状と対策方法≫

吐き気・咳

自律神経失調症によって胃腸の調子が悪くなり吐き気をもよおします。

吐き気・咳の症状と対策方法≫

息切れ・動悸

交感神経が優位になると筋肉が緊張し、その中を通る血管が細くなります。そのため心臓が必死に働き、動悸や息切れを起こします。

息切れ・動悸の症状と対策方法≫

汗をよくかく

交感神経によってコントロールされている発汗機能が、自律神経の乱れによってうまく作動しなくなり、汗を大量にかくことがあります。

汗をよくかくの症状と対策方法≫

胃痛

副交感神経の働きが弱まるため、胃痛を起こすことがあります。

胃痛の症状と対策方法≫

冷え性

女性に多い冷え性ですが、最近は男性も冷え性になっている方が多いようです。筋肉不足や冷たい飲食物が原因の冷え性もありますが、自律神経失調症が原因の場合、血液の流れが悪くなることで体が熱を作れなくなっています。

冷え性の症状と対策方法≫

目の渇き・ドライアイ

パソコンやスマホの見過ぎでドライアイになってしまったという方は多いですが、実は自律神経失調症が原因で目が乾いてしまう(ドライアイ)ことがあります。ストレスを感じると涙が出にくくなることが関係しています。

目の渇き・ドライアイの症状と対策方法≫

顎関節症

顎関節症から自律神経失調症になってしまうことがあります。顎のゆがみは頭蓋骨のゆがみを引き起こし、それによる脳の緊張が自律神経失調症の要因となると考えられています。顎関節症は慢性化しやすいので注意が必要です。

顎関節症の症状と対策方法≫

根本解決は神経のバランスを整えること

それぞれの症状への対処も大切ですが、これらの症状が、自律神経失調症によって生じている場合、自律神経のバランスを整えなければ、根本的な解決にはなりません。

自律神経失調症は、交感神経が優位になっている状態がほとんどなので、まずはゆっくり体を休めて、睡眠時間をしっかりとることを心がけ、リラックスしたり気分転換できる自分なりの方法を見つけることが大切です。

その上で毎日の食生活を改善していきましょう。自立神経のコントロールをしてくれる成分や、サポートしてくれる成分は食べ物の中に豊富に含まれています。食事をすることは必然ですから、食べ物を少し意識するだけでも根本解決に向かえることを頭の片隅に置いておいてくださいね。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて