自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (その他)自律神経のバランスを調整する方法 » ストレスの解消

ストレスの解消

ストレスは自律神経失調症の大きな原因として知られています。ここでは、ストレスと自律神経の関係や、上手なストレス発散法についてご紹介したいと思います。

自律神経失調症とストレスの関係

イヤホンとキーボード

自律神経失調症の原因として一番に思いつくのは何かと聞かれたら、「ストレス」と答える方が多いのではないでしょうか?

ストレスが心身の健康に与える影響は大きく、過度なストレスを受けると、めまい・食欲不振・不眠・耳鳴り・頭痛などの自覚症状が出てきます。

ストレスというと多くの方は精神的なストレスを思い浮かべると思いますが、ストレスにも種類があり、大きく分けると下記の4つに分類されます。

  • 精神的なストレス(精神的に嫌だなと思うこと)
  • 構造的なストレス(骨盤のゆがみなどから生じるストレス)
  • 化学的なストレス(排気ガスなどの化学物質によるストレス。食べ物などの栄養の過不足によるストレス)
  • 温度や湿度などの環境ストレス(暑い・寒いなどの環境によるストレス)

通常、人は対人ストレスなどの精神的なストレスしか意識していませんが、実はそれだけではなく体のゆがみや温度などもストレス要因となっているのです。
これらのストレスが重複することでストレス過多な状態が作られてしまいます。

人間の体はストレスが多いと、「交感神経がよく働く」という状態になります。
様々なストレスが重なってストレスフルな生活を送っていると、交感神経(興奮する神経)ばかりが働いてしまい、自律神経の副交感神経(休める神経)が働けなくなります。

すると、自律神経失調症の症状があらわれだすというわけです。
自律神経失調症を治すためには、ストレスをうまく解消・発散することが必須事項なのです。

自律神経失調症改善のためのストレス解消法

ストレス解消のためにできることをいくつか例に挙げてみます。

1、 音楽を聴く

音楽療法という言葉があるように、音楽は人間の心を落ち着かせてくれる効果があります。ヒーリングミュージックでなければいけない、ということではなく、自分の好きなジャンルの音楽を聴くのが最も効果的なようです。

2、 ショッピング

買い物をするというのもストレス発散に効果があります。欲しいものを買うことで人間の三大欲求の一つとされる物欲が満たされるのでストレス解消につながります。ただ品物を見て回るだけでも十分効果があるので、ウインドウショッピングでもOKです。

3、 スポーツ

スポーツをすると自分に自信がつきますし、体も丈夫になるので肉体的なストレスにも強くなります。気持ちよく体を動かすと快楽を得られるため、ストレス発散にもとても役立ちます。テニスや水泳、流行りのボルダリングなどもおすすめです。

4、 カラオケ

歌うことは精神の緊張をほぐし、安定させる効果があります。また、カラオケなら周りを気にせずに大きな声が出せるので日頃のストレスを発散させるのにはピッタリの娯楽です。最近は一人カラオケを楽しむ人も増えているので、ストレスを感じた日は一人でカラオケに没頭するのもいいかもしれませんね。

5、 読書

好きな本を読むこともストレス発散・リラックスにつながります。本の世界に没頭することでストレスを忘れることができますし、心に落ち着きを取り戻すことができます。活字の本が苦手という方は漫画でもOKです。本にも様々なジャンルがありますから、自分の好きなものを選んでみましょう。

6、 睡眠

忙しいと十分な睡眠時間を確保できないこともありますが、ご存知の通り睡眠不足はストレスを溜め込む原因になりますし、体も脳も十分に回復することができなくなります。人間は眠ることで低下した思考・判断力を取り戻すことができるのです。疲れた時は、できるだけ睡眠時間を長くとるように心がけてみて下さい。

7、 深呼吸

人はストレスを感じている時は呼吸が浅くなっています。意識して深呼吸をすることで、脳に十分な酸素が運ばれてストレスを発散させることができます。いつでもどこでも簡単にできるので、イライラした時にすぐに実行できるところもいいですね。深呼吸のポイントは、鼻からゆっくり空気を吸い込み、口からゆっくり息を吐き切ることです。体の緊張もとれるのでおすすめです。

8、 会話

女性はとくに話すことが好きな人が多いですよね。嫌なことがあった時、少しだけでも人に話を聞いてもらえると気持ちがすっと軽くなるものです。話の内容はなんでもOKなので、日頃から誰かと会話する時間を持つようにすることが大切です。

9、 マッサージ

マッサージをすると緊張した筋肉がほぐれ、滞った血液やリンパの流れが良くなるので体の調子が良くなり、ストレスの解消効果も得られます。自分でマッサージを行う場合は、気持ちよいと感じる力加減で行うことが大切です。マッサージオイルやアロマオイルを使うと、よりリラックス効果が高まります。

10、 旅行

個人差はありますが、知らない土地への旅行は気分をリフレッシュさせる効果があります。観光地でも自然の中でも、自分が「行ってみたい」と思えるところを探して旅を計画してみましょう。ただし、旅行から帰ってきて「やっぱり自分の家が一番」と思ってしまうタイプの方は、旅行自体がストレスになることも多いので注意が必要です。そういった方は、泊りではなく日帰り旅行くらいにしておくと、丁度いい気分転換になるかもしれませんね。

この他にも、ドライブや映画鑑賞、散歩、ペット、料理、写真、バイク、釣り、神社仏閣めぐりなど、ストレス解消法はいろいろあります。

自分が「やってみたい」と思えること、「楽しい」「リラックスできる」と思えることを見つけて、日常生活の中にうまく取り入れてみて下さい。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて