自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (その他)自律神経のバランスを調整する方法 » ハーブ

ハーブ

高ぶった気持ちを落ち着かせたり、リラックス効果があることで知られるハーブティー。自律神経失調症の症状を和らげるのにおすすめのハーブティーについて調べてみました。

ハーブの薬効をダイレクトに取り入れられるハーブティーで自律神経失調症を改善

ハーブティーの入ったティーポットとティーカップ

自律神経を整える方法として、ハーブティーを飲むという方法もあります。
ハーブは西洋の漢方ともいわれているほどで、各種ハーブは様々な効果・効能を持っています。
ハーブの独特な香りは脳をリラックスさせてくれるので自律神経の働きも整いやすくなります。
ハーブによって香りや効能が異なるので、自分の気になる症状に合うものを選ぶのがポイントです。
ストレスやイライラ解消に役立つもの、頭痛の緩和に役立つもの、うつや落ち込みに役立つもの、不眠症に役立つものなど様々です。

また、ハーブティーはノンカフェインのものが多いですから、寝る前でも飲用できるところがいいですね。
ただし、ハーブティーの種類によっては妊婦さんの使用や医薬品・食品との併用に対して注意が必要なものもあるので、使用前に必ず禁止事項を確かめるようにしましょう。

 

自律神経失調症におすすめのハーブティー

  • 1、ジャーマンカモミール…自律神経失調症、不眠症、めまいなどの症状におすすめ。
  • 2、オレンジフラワー…神経緊張、精神不安、軽いうつ症状、不眠症などの症状におすすめ。ただし、子宮を刺激する作用があるので妊娠中は注意して用いること。むかつきを伴う偏頭痛や関節痛の症状がある時の使用は禁止されている。
  • 3、オレガノ…精神不安定、偏頭痛、神経性の頭痛などの症状におすすめ。オレガノは避妊薬など併用禁止薬剤があるので注意。
  • 4、セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)…軽いうつ症状、自律神経失調症、めまい、不眠症、不安症、ストレスなどの症状におすすめ。セントジョーンズワートは併用薬など制約が多いので、使用する時は医師や薬剤師にあらかじめ相談をすること。
  • 5、クミン…偏頭痛におすすめ。
  • 6、オレンジピール…精神不安定、不眠症などの症状におすすめ。子宮を刺激する可能性があるので妊娠中は使用禁止。むかつきを伴う偏頭痛や関節痛の症状がある時も使用は禁止。皮膚の敏感な方は、光過敏症を誘発する可能性があるので注意。
  • 7、オレンジフラワー…精神不安、軽いうつ症状、不眠症、神経緊張などの症状におすすめ。子宮刺激作用があるので妊娠中は使用禁止。
  • 8、ジャスミン…自律神経失調症、軽いうつ症状、神経性呼吸困難、不眠症などの症状に。発熱時には使用しないこと。
  • 9、サクラ…精神不安定、不眠症などの症状におすすめ。リラックス効果もあり。
  • 10、茉莉花茶…自律神経失調症、不眠症、精神的ストレスなどの症状緩和。リラックス効果もあり。
  • 11、セージ…軽いうつ症状、不安などの症状緩和に。 ただし、子宮刺激作用があるので妊娠中は使用禁止。てんかん患者の使用も禁止されている。
  • 12、センティッドゼラニウム…不安、精神不安定、不眠などの症状を緩和。妊娠中・授乳中は通常範囲を超えての使用は避けること。
  • 13、ディル…不眠症におすすめ。
  • 14、なつめ…神経衰弱、精神的ストレス、不眠症、動機、不安、めまい、ヒステリーなどの症状を緩和。
  • 15、ノニ…不眠症、ストレスなどの症状におすすめ。
  • 16、パッションフラワー…自律神経失調症、ストレス性高血圧、精神不安、神経緊張、不眠症などの症状を緩和。 妊娠中はできるだけ使用は控えること。併用禁止の医薬品があるので薬剤師に要相談。
  • 17、フィーバーヒュー…自律神経失調症、ストレス、偏頭痛の症状におすすめ。薄毛、脱毛症の原因物質抑制、薄毛予防などの効果もある。子宮刺激作用があるので、妊娠中は使用しないこと。ワーファリンなどを飲んでいる方も使用禁止。併用できない食品・医薬品があるので注意。なお、フィーバーヒューの生の葉は、皮膚炎と口の中にいれると口内潰瘍を引き起こすことがある。
  • 18、マテ…軽いうつ症状、偏頭痛、緊張などを緩和する。
  • 19、ラベンダー…自律神経失調症、ストレス性不眠、うつ症状、偏頭痛、不安などの症状におすすめ。 子宮を刺激する作用があるので、妊娠初期は多量に用いないこと。
  • 20、レモングラス…自律神経失調症におすすめ。
  • 21、レモンバーベナ…ストレス、軽いうつ症状、不眠、偏頭痛、神経緊張などの症状を緩和してくれる。長期の使用や多量摂取は胃の刺激になることがあるので注意する。
  • 22、ローズ…精神不安、情緒不安定、抑うつ症状、神経過敏、神経性の下痢などの症状におすすめ。
  • 23、イランイラン…うつ症状、不安症、パニック症状、精神高揚、ストレスなどの症状の緩和におすすめ。精神強壮の効果もあるとされる。妊娠中・授乳中の使用に関しては安全性が認められていないため、使用しないことが望ましい。
  • 24、サフラン…軽いうつ症状、めまいの緩和におすすめ。精神安定の効果も。子宮を刺激するため妊婦の使用は禁止。
  • 25、スカルキャップ…ヒステリー、不眠、うつ症状、怒り、頭痛、嫉妬、憎しみの感情を抑える効果があるとされている。根の部分は日本では医薬品の原料とされており、一般販売は禁止されている。妊娠中・授乳中は使用しないこと。
  • 26、スペアミント…ストレス、眠気、偏頭痛、注意力散漫などの症状におすすめ。過剰摂取は粘膜に炎症を起こすことがあるので注意が必要。幼児には与えないこと。併用禁止の薬品がある。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて