自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (1)自律神経のバランスをサポートする栄養成分 » 鉄分

鉄分

鉄分不足は、貧血や疲労、息切れなどの症状を引き起こします。食欲不振にもつながるので、自律神経失調症の人はしっかり摂取するようにしましょう。鉄分摂取におすすめの食べ物も紹介しています。

鉄分不足は精神的不安定の原因になる

レバー画像鉄分が不足すると、ヘモグロビンを生成することができず、貧血になることはよく知られています。

ヘモグロビンは、血液中の酸素を運ぶ役割をもっているので、ヘモグロビンが不足すると酸素が運べず、脳はブドウ糖からエネルギーをつくることができません。すると、脳は機能低下に陥り、それによって精神的な疾患が生じるともいわれています。

鉄には、神経伝達物質であるドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンをつくる酵素のサポートをする働きがあります。ドーパミンは快楽をつくり、ノルアドレナリンはやる気を出し、セロトニンは心を安定させる神経伝達物質です。

鉄分が不足すると、これらの物質が不足して楽しさが感じられなくなったり、やる気がなくなったり、心が不安定になったりしてしまうのです。

 

ヘム鉄と非ヘム鉄の違い

鉄分には、ヘム鉄非ヘム鉄があります。ヘム鉄はおもに肉や魚などの動物性食品に含まれ、非ヘム鉄は野菜や海草などの植物性食品に含まれます。ヘム鉄のほうが体への吸収率が高いので、鉄分を補うためには、ヘム鉄を積極的に摂るようにしましょう。

非ヘム鉄は、ビタミンCや動物性タンパク質と一緒に摂取すると吸収率がアップします。野菜や海草、大豆などを食べるときには、肉や魚、果物と一緒に食べるのがおすすめ。なお、お茶に含まれるタンニンと一緒に摂取してしまうと吸収率が下がってしまうので注意が必要です。

 

自律神経に良い食べ物~鉄分編~

鉄分を多く含み、自律神経を整えるのに効果があるとされる食べ物には、以下のようなものがあります。

豚レバー、鶏レバー、牛レバー、牛モモ肉、牛ヒレ肉、レバーペースト、ハマグリ、シジミ、カツオ、ワカサギ、アサリ、干しエビ、大豆、きな粉、高野豆腐、ひじき、ほうれん草、小松菜、トウモロコシ、菜の花、油揚げ、卵黄、切り干し大根、パセリなど

鉄分を手軽にとれる美めぐり習慣

美めぐり週間の画像

商品を詳しく見る商品を詳しく見る

商品名 美めぐり習慣
販売元 さくらの森
内容量 150粒
国産のレバーエキスを配合しており、更に鉄分と相性が良いアセロラを配合しています。モロヘイヤや地球最古といわれるスピルリナ(藻)も配合するなど、素材にこだわってつくられたサプリメントです。1粒で1日の基準値を補えるのが大きな魅力と言えます。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて