自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (1)自律神経のバランスをサポートする栄養成分 » アミノ酸

アミノ酸

人間の体を構成するタンパク質をつくるのがアミノ酸。アミノ酸の中には、ストレス軽減に役立つ成分も含まれているので、自律神経失調症の改善に効果が期待される栄養素のひとつです。アミノ酸の特徴や効果、アミノ酸を豊富に含む食品についてまとめています。

ストレスを軽減する働きをもつアミノ酸

筋肉や内臓、髪、皮膚など、人間の体の重要な組織をつくっているタンパク質。このタンパク質は、アミノ酸によって構成されています。

500もの種類があるといわれているアミノ酸ですが、人間の体を構成しているのは20種類ほど。さらにこの20種類のアミノ酸は、人間の体の中で作ることができない「必須アミノ酸」と、体の中で作ることができる「非必須アミノ酸」に分かれます。必須アミノ酸は、食物によって補給しなければなりません。

必須アミノ酸 バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、スレオニン、ヒスチジン
非必須アミノ酸 アルギニン、グリシン、アラニン、セリン、チロシン、システイン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、アスパラギン酸、グルタミン酸
 

食事から積極的にとりいれたいアミノ酸

自律神経失調症に良いとされるアミノ酸を含む食べ物とは

アミノ酸に含まれているチロシンはノルアドレナリンやドーパミンの原料となり、ストレスなどの疲れを軽減する作用があるとされています。また、トリプトファンは、気持ちを落ち着かせるセロトニンの素であり、グリシンは、深く自然な眠りをもたらし、目覚めをすっきりさせる効果があるとされています。こうした働きをもつことから、アミノ酸も自律神経失調症に効果があるといえ、食事などで積極的に摂りたい栄養素のひとつです。

アミノ酸は、脂肪とは異なり、体の中に蓄えておくことができません。ですから、毎日、アミノ酸(=タンパク質)をしっかり摂る必要があります。

 

自律神経失調症に良い食べ物~アミノ酸編~

アミノ酸はほとんどの食材に含まれていますが、とくに多いのが動物性タンパク質で、肉類、魚介類、乳製品などがあります。

植物性タンパク質にもアミノ酸は含まれます。大豆などの豆類、コメや小麦などの穀類などです。しかし、偏食やバランスの悪い食事ばかりになると、タンパク質、アミノ酸、ビタミンなどが不足して、体調不良を招くこともあります。

忙しくて、栄養バランスのいい食事をなかなか摂ることができないという人は、サプリメントを利用するといいでしょう。アミノ酸を豊富に含むおすすめのサプリメントを紹介します。

 

アミノ酸を手軽にとれる三黒の美酢(さんごくのみず)

三国美酢の画像

商品を詳しく見る商品を詳しく見る

商品名 三黒の美酢
販売元 花菜
内容量 62粒
必須アミノ酸のBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を豊富に含む黒酢もろみ、中性脂肪を排出する働きのあるポリフェノールを含む黒ニンニク、悪玉コレステロールを分解する作用のあるレシチンを含む黒卵黄油を配合しています。
 
自律神経失調症の治し方のすべて