自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (1)自律神経のバランスをサポートする栄養成分

(1)自律神経のバランスをサポートする栄養成分

自律神経を整える代表的な栄養素とその働き、その成分を多く含む食品などを紹介しています。ぜひバランス良く取り入れてみてください。

自律神経のバランスを整える作用のある栄養成分

自律神経のバランスをサポートする栄養成分

ビタミン類やカルシウムなど、自律神経のバランスを整える栄養をまとめました。

 

ビタミンA

皮膚や粘膜を健やかに保ち、目にもいいといわれているビタミンAには、自律神経を調整して自律神経失調症の諸症状を和らげる働きがあります。

ストレスを感じると放出される副腎ホルモンの基にもなるので、ストレスを多く感じている自律神経失調症の人は、とくに摂取したい栄養素です。

ビタミンAが自律神経に作用する仕組み≫

 

ビタミンB

神経の働きを正常に保つといわれているビタミンB群

不足するとイライラの原因になるビタミンB1、脳の神経伝達物質の合成に必要なビタミンB6、精神を安定させる作用のあるビタミンB12などがその代表です。

ビタミンBが自律神経に作用する仕組み≫

 

カルシウム

カルシウムは、不足するとイライラを起こすということでも知られています。カルシウムには、神経の緊張や興奮を抑えたり、精神的に安定させる働きがあるからです。

カルシウムが自律神経に作用する仕組み≫

 

アミノ酸

人間の体をつくっているのはタンパク質。このタンパク質は、アミノ酸によってつくられています。

人間の体をつくっているのは20種類ほどのアミノ酸ですが、この中には、気持ちを落ち着かせたり、深く自然な眠りへと導いてくれる働きをもつものなど、自律神経のバランスの乱れによって生じた症状を改善してくれる作用のあるものがたくさん含まれています。

アミノ酸が自律神経に作用する仕組み≫

 

鉄分

鉄分が不足すると、ヘモグロビンが生成できず貧血を起こします。

ヘモグロビンが足りないと、脳に酸素が運べず、機能低下を起こして精神的な疾患を生むことがあるので注意が必要です。

鉄分が自律神経に作用する仕組み≫

 

亜鉛

脳の伝達物質をつくる亜鉛が不足すると、精神的な不安定を引き起こすので、積極的に摂るようにしましょう。

亜鉛が自律神経に作用する仕組み≫

 

食物繊維

腸の働きを高めることは、副交感神経を優位にすることにつながります。

食物繊維には腸の働きを高める作用があるので、ぜひ摂取したい栄養素です。

食物繊維が自律神経に作用する仕組み≫

 
自律神経失調症の治し方のすべて