自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (3)自律神経失調症の治療薬の種類 » 睡眠導入剤

睡眠導入剤

睡眠障害は、自律神経失調症の症状のひとつであり、睡眠障害を解消することは、自律神経を整えることにもつながります。ここでは、不眠症などの睡眠障害を解消する睡眠導入剤について解説しています。

自律神経失調症による不眠を改善するくすり

自律神経失調症の代表的な症状のひとつである不眠症などの睡眠障害。睡眠障害によって、生活のリズムが乱れ、いつも眠気を感じている状態に陥ってしまいます。また「眠れない」という思いからさらなるストレスを生み、動悸や呼吸困難などの症状を引き起こしてしまうことがあります。

この不眠を解消するために使用されるのが、睡眠導入剤です。睡眠障害を改善することによって、生活のリズムが整い、それが自律神経を整えることにもつながります。

睡眠導入剤は、大きく分けて「ベンゾジアゼピン系」と「非ベンゾジアゼピン系」があります。

ベンゾジアゼピン系は、GABAの脳内作用を強める働きがあり、不安や緊張を和らげて眠気をもたらします。

非ベンゾジアゼピン系は、ベンゾジアゼピン系よりもさらに睡眠作用に特化した睡眠導入剤で、副作用も少ないといわれています。

さらに、作用時間によって4つの種類に分けられます。

超短時間作用型 持続時間2~4時間。日中の眠気やふらつきなどの副作用が少ない。高齢者も使用できる。
短時間作用型 持続時間6~10時間。なかなか眠りにつけない入眠障害の人に。
中時間作用型 持続時間20~30時間。中途覚醒や早朝覚醒の人に。
長時間作用型 持続時間50時間以上。作用時間が長く、日中も眠気などを生じやすいため、慎重に投与される。
 

おもな睡眠導入剤の種類

マイスリー(ゾルピデム)

  • 1日の服用量:5~10㎎
  • 特徴:超短時間型。即効性があり副作用が少ない。なかなか寝つけない入眠障害の人向き。ベンゾジアゼピン系。

ハルシオン(トリアゾラム)

  • 1日の服用量:0.125~0.25㎎
  • 特徴:超短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠導入剤。即効性があり効果が強い。入眠障害に適している。効果が強いため、耐性や依存性が生じる場合がある。

エリミン(ニメタゼパム)

  • 1日の服用量:3~5㎎
  • 特徴:中時間作用型。ベンゾジアゼピン系。夜中に目が覚めてしまう中途覚醒タイプの人に。ふらつきやめまいなどの副作用が出ることがある。

ドラール(クアゼパム)

  • 1日の服用量:15~30㎎
  • 特徴:長時間作用型。熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒などの症状がある人に。胃に食べ物があると作用が強まることがあるので、空腹時に使用する。ベンゾジアゼピン系。
 
自律神経失調症の治し方のすべて