自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (4)病院で自律神経失調症を治療する » 何科にいくべきか

何科にいくべきか

自律神経失調症は何科に行けばいいのか?自律神経失調症と思われる症状が感じられるけれど、何科に行けばいいのかわからないという人も多いようです。ここでは、どの科に行くのがベストなのかを説明しています。

自律神経失調症は何科に行く?

自律神経失調症は何科に行く?自分の身に起きている症状から、自律神経失調症が疑われるけれど病院のどの科に行けばいいのかわからず、困っている人も少なくないようです。まずは、どのような症状が出ているのかを見極め、その症状に応じた専門の科を受診することからはじめましょう。

たとえば、肩こりや腰痛がある場合には整形外科を、眼精疲労なら眼科を、耳鳴りがあれば耳鼻科を受診しましょう。

腹痛や頭痛、下痢、めまい、吐き気、疲れやすい、だるい、動悸など、はっきりとした原因がわからないものの、身体的に不快な症状がある場合には内科を受診します。

自律神経失調症の症状だと思っていたのが、貧血や糖尿病、あるいはガンなどの内臓疾患の症状だったという可能性もあるからです。

 

心療内科と精神科の違い

内科でも原因がわからなかったり、症状が改善しない場合には、心療内科精神科(精神神経科)を受診してみましょう。

精神的な悩みが原因で、身体にさまざまな不調が出ているときは心療内科への受診をおすすめします。精神的なストレスから胃潰瘍や神経性胃炎、過敏性腸症候群などの症状が出ている場合などがこれにあたります。

精神科は、心の症状や心の病気を扱います。不安やイライラ、抑うつ、不眠、幻聴、妄想、幻覚などの症状がある場合は、精神科を受診してみてください。

精神科と似た科に、神経内科がありますが、こちらは脳神経系の疾患を扱います。脳こうそくなどの脳血管障害やパーキンソン病など、神経の病気を専門に治療するところです。

病院へ行きづらいという人には、カウンセリングなども有効。薬の処方はありませんが、カウンセラーに話を聞いてもらうことで気持ちが楽になることもあるからです。

 

自律神経失調症は何科に行けばいいのか迷ったらまとめ

  • 眼精疲労やドライアイなどがある場合→眼科
  • 耳鳴り、めまいがある場合→耳鼻科
  • 腰痛や肩こりがある場合→整形外科
  • 頭痛、下痢、動悸など原因不明の身体症状がある場合→内科
  • ストレスが原因と考えられる体の不調がある場合→心療内科
  • 不安やイライラなどの心の症状がおもな場合→精神科
  • 病気とまでは感じないけれど、不安感などがある場合→カウンセリング

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて