自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (4)病院で自律神経失調症を治療する

(4)病院で自律神経失調症を治療する

自分が自律神経失調症だとわかるのは、病院でそのような診断が下されるからです。すると、ほとんどの人はそのまま病院で治療をすることになります。ここでは、病院での治療法や検査の内容、自律神経失調症の専門医院についてまとめています。

病院での自律神経失調症の治療とは

病院での自律神経失調症の治療とは

自律神経失調症と思われる症状があるが、病院のどの科に行けばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

まず、肩こりや腰痛、めまいなどの身体症状がある場合には、それに適した科に行くことをおすすめします。肩こりや腰痛なら整形外科、めまいや耳鳴りなら耳鼻科という具合です。

頭痛や腹痛、吐き気、動悸などの場合には内科へ。それでも症状が改善しないときは心療内科を受診しましょう。イライラや不安感など精神的な症状が強い場合は、精神科の受診がおすすめです。

病院では、さまざまな検査が行われます。血液検査、心電図、MRI・CTスキャン、心理テストなどです。これらの結果を総合して、自律神経失調症の診断が下されます。

病院での治療のメインは、自律神経調整薬などの薬物療法です。症状や体質、病歴などによって薬が処方されるので、医師の指示通りに服用することが大切です。

指圧やマッサージ、鍼灸など、東洋医学に基づいた理学療法を取り入れているところもあります。肩こりや腰痛、しびれなどの症状がある人には、とくにおすすめ。指圧やマッサージによるリラックス効果も見逃せません。

自律神経失調症の治療期間や、治療にかかる費用の目安も掲載しているので、治療の参考にしてください。

東京の専門医院もピックアップしています。東京で治療を考えている人は、ぜひご覧ください。

 
自律神経失調症の治し方のすべて