自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (2)自律神経の乱れを根本から整える漢方薬 » 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

自律神経失調症などからくる不安やイライラなどの精神的症状によって、吐き気や食欲不振などの身体的症状が現れている人におすすめの漢方薬、抑肝散加陳皮半夏。その特徴や効能などについてまとめてみました。

【抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)の目次】

 

抑肝散加陳皮半夏の自律神経への薬効

神経の高ぶりを抑える漢方薬「抑肝散」に、健胃薬として知られる陳皮と、吐き気を抑える半夏を組み合わせた抑肝散加陳皮半夏。比較的体力がなく、怒りっぽい人におすすめの漢方です。

自律神経失調症などで不安やイライラの精神状態が続くと、身体にも影響を及ぼし、臓器の働きも悪くなります。精神状態の悪化によって食欲不振や吐き気などが生じる場合に抑肝散加陳皮半夏が効果的だといわれています。

柴胡(さいこ)、釣藤鈎(ちょうとうこう)、蒼朮(そうじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、当帰(とうき)、川きゅう(せんきゅう)、陳皮(ちんぴ)、半夏(はんげ)、甘草(かんぞう)の9種類の生薬を配合しています。これらの生薬が相互作用することによって、よりよい効果が期待できます。

 

生薬としての特性

  • 柴胡…熱や炎症の鎮め、筋肉の緊張を緩める
  • 釣藤鈎…脳循環をよくする、手足の震えやけいれんを抑える
  • 蒼朮…水分循環を改善する
  • 茯苓…水分循環を改善する、緊張を和らげ、動悸を鎮める
  • 当帰…血行をよくして貧血を治す
  • 川きゅう…血行をよくして貧血を治す
  • 陳皮…気分を落ち着かせる、食欲不振、吐き気
  • 半夏…気分を落ち着かせる、食欲不振、吐き気
  • 甘草…緩和作用
 

効能

精神を安定させる。筋肉の緊張を和らげる

 

効果のある症状

イライラ、怒りやすい、神経症、不眠症、不安感、恐怖感、疲労による肩こり、まぶたのけいれん、手足の震え、更年期障害、認知症、うつ病、小児夜泣き、小児疳症など

 

抑肝散加陳皮半夏を含むおすすめの漢方薬

クラシエ抑肝散加陳皮半夏画像 商品名 抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒
販売元 クラシエ
価格 オープン価格
内容量 90包
特徴 釣藤鈎(ちょうとうこう)をはじめ、9種類の生薬を配合。消化器が弱くて神経が高ぶりやすく、イライラしやすい人に。神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症、更年期障害、歯ぎしりなどに効果あり。2歳未満の子どもでも使用可。
 
自律神経失調症の治し方のすべて