自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (2)自律神経の乱れを根本から整える漢方薬 » 茴香(ういきょう)

茴香(ういきょう)

スパイスのフェンネルとしても知られている茴香には、健胃整腸作用があるので、自律神経失調症による胃腸の症状に効果が期待できます。茴香の特徴や効能についてまとめています。

【茴香(ういきょう)の目次】

 

ウイキョウの自律神経への薬効

ウイキョウの効能とは茴香は、せり科ウイキョウの果実を乾燥したものです。香りが高いので、料理などにもよく用いられ、フェンネルとも呼ばれるスパイスのひとつです。

ウイキョウは、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地方から地中海沿岸西部に自生し、日本では長野県などでも栽培されています。高さ2mにもなる大型の多年草で、5~6月頃に小さな黄色い花をたくさんつけます。

消化を促進したり、血行をよくするほか、利尿剤としての働きもあります。

魚の生臭さを取り、味を引き立てるので、魚料理のハーブとしてもよく使われています。腸内のガスを排出したり、消化不良やむくみに効果があることから、西洋では痩身効果のあるハーブとして有名です。

中国の伝統的な香辛料「五香粉(ごこうふん)」には、桂皮、丁字、花椒、陳皮などとともに茴香が配合されています。また、インドではカレー料理によく用いられます。

爽やかな香りと浄化作用から、食後のガム代わりに使用されているともいわれています。

目の疲れにも効果があり、煎じた種をお湯に入れ、そのお湯に浸したタオルを目にあてておくと疲れが取れるとされています。

 

生薬としての特性

肺に入り、身体を温めます。停滞しているものを動かして、発散させる作用があります

 

効能

健胃整腸、消化促進、血行促進、鎮痛、去痰、駆風(胃腸内にたまったガスを排出する)、利尿作用

 

効果のある症状

神経性胃炎、慢性胃炎、胃酸過多、慢性胃拡張症、胃下垂、腹痛、生理痛など

 

茴香を含むおすすめの漢方薬

生薬製剤イツラック画像
商品名 生薬製剤イツラック
販売元 漢方生薬研究所
価格 7,980円(税別)
内容量 300mg×90カプセル(約1カ月分)
特徴 胃もたれや胃痛を改善する桂皮、香辛料としても使用され、健胃剤成分としても有名な丁字(ちょうじ)、消化健胃剤として広く知られている茴香(ういきょう)を配合。ストレスや緊張、多忙、飲みすぎ、食べ過ぎなどによる胃の痛みや不快感に。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて