自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症を改善するために取り入れたい4つのこと » (2)自律神経の乱れを根本から整える漢方薬 » 加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散(かみしょうようさん)

ホルモンバランスを整えたり、冷えやのぼせに効果のある加味逍遥散は、自律神経失調症はもちろん、更年期障害の諸症状に悩む女性におすすめの漢方薬。その特徴や効能についてまとめ、加味逍遥散を含む漢方薬を紹介します。

【加味逍遥散(かみしょうようさん)の目次】

 

加味逍遥散の自律神経への薬効

血流をよくしたり、ホルモンバランスを整えたり、生理痛や生理不順、のぼせなど更年期障害の諸症状にも有効なことから、とくに女性におすすめの漢方薬です。

加味逍遥散には、柴胡(さいこ)、芍薬(しゃくやく)、蒼朮(そうじゅつ)、当帰(とうき)、茯苓(ぶくりょう)、山梔子(さんしし)、牡丹皮(ぼたんぴ)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)、薄荷(はっか)の生薬が配合されています。

血液が不足したりストレスなどによって肝臓の機能が低下すると、気や血の巡りが悪くなり、イライラしたり怒りっぽくなるといわれています。加味逍遥散には、こうしたイライラを抑える効果が期待できます。

重い副作用はほとんどありませんが、配合されている甘草を多量に摂取することによって、むくみが出たり血圧が上がったりすることがあるようです。そのほか、まれに胃の不快感や食欲不振、吐き気、下痢などを引き起こすことがあるので、胃腸が弱っている人は注意が必要です。

 

生薬としての特性

体の炎症や機能の亢進状態を鎮める柴胡、血液を補いながら血行を促進する芍薬、当帰、胃腸の機能を高める蒼朮、茯苓、甘草、生姜。そのほか、山梔子には消炎作用、止血作用が、牡丹皮には熱を冷まして血液を浄化する作用があります。薄荷は柴胡の働きをサポートします。

 

効能

血液の循環をよくして体を温めるほか、熱を冷ます作用もあり。ホルモンバランスを整える

 

効果のある症状

手足の冷え、のぼせ、頭痛、肩こり、生理痛、生理不順、倦怠感、不眠、神経症、更年期障害、自律神経失調症など

 

加味逍遥散を含むおすすめの漢方薬

ツムラ加味逍遥散画像 商品名 加味逍遥散
販売元 ツムラ
価格 3,500円(税別)
内容量 24包
特徴 加味逍遥散から抽出したエキスを顆粒状にしています。冷え性、更年期障害、月経困難、月経不順、血の道症(女性ホルモンの変動によって現れる精神神経症状)、不眠症などに。64包入り9,000円(税別)の32日分もあり。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて