自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 克服するための心構え~自律神経失調症を知る~ » 自律神経の仕組みって?

自律神経の仕組みって?

交感神経と副交感神経の働きや、自律神経のバランスの大切さについて解説します。

交感神経と副交感神経のバランス

自律神経には交感神経と副交感神経があり、互いにバランスを取りながら作用しています。

 

交感神経の働き

交感神経と副交感神経のバランス交感神経は、緊張、興奮、労働、運動、闘争、恐怖感、危機感などの場面で働くとされ、仕事をしているときやケンカ(口論なども)をしているとき、スポーツ観戦や運動をしているときなど、日中活動しているときはおもに交感神経が働いています。

交感神経は、血液をたくさん運べるようにするために血圧を上げたり、心臓の動きを早くします。こうした働きによって、脳と体が動かしやすくなるのです。

闘争と逃走の神経」とも呼ばれていますが、これは闘争または逃走時、体が緊張して鼓動が速くなったり、相手をよく見るために瞳孔が散大したりするのと同じように、交感神経が活発に働くとこうした体の反応が起こるためです。

 

副交感神経の働き

副交感神経は、リラックスしたり休息したり、睡眠時に働いています。太陽が沈む夕方頃から活発になりはじめ、その働きは睡眠時がピークになるといわれています。夜になると眠くなるのは、副交感神経の働きによるものです。

また、副交感神経は体を修復する役割があります。日中の疲れや、体に受けたダメージを睡眠中に修復して、翌朝、元気な状態に戻してくれるのです。

副交感神経が活発に働くと、血管が広がり栄養や酸素が体のすみずみまで運ばれます。また、老廃物や疲労物質がスムーズに排出され、内臓も活発に動いて新陳代謝も進むのです。

 

交感神経と副交感神経のバランスが崩れるとどうなる?

マグカップ画像交感神経と副交感神経は同時に働くことができません。交感神経が働いているときは副交感神経は休み、副交感神経が働いているときは交感神経は休んでいます。このふたつがバランスをとりながら作用することで、心身の健康は保たれています

交感神経と副交感神経では、交感神経のほうが優先的に働くようにできています。それは、ストレスを感じた時も同じ。つまり、ストレスがある状態では、常に交感神経が働くようになっているのです。

交感神経が働き続けると副交感神経は働けないので、心身ともに休息できない状態になってしまいます。こうして、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることによって、自律神経失調症を発症してしまうのです。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて