自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 克服するための心構え~自律神経失調症を知る~ » 似ている病気があるって聞いたけど?

似ている病気があるって聞いたけど?

うつ病や統合失調症、パニック障害など、自律神経失調症と間違えやすい病気があります。それぞれの病気と自律神経失調症との違いについて解説しています。

自律神経失調症とうつ病の違い

自律神経失調症とよく間違われやすいのがうつ病。どちらも原因はストレスにありますが、自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れ、さまざまな症状が現れる病気です。

一方のうつ病は、脳内の神経伝達物質の分泌異常による病気で、精神的な症状のほうが大きいのが特徴です。うつ病の場合、一日の中で症状が変わります。朝が一番、気分が落ち込んで、昼から夕方は、その落ち込みがやわらいできます。夜になると、なかなか寝つけません。

けれども、自律神経失調症は一日の中で気分がとくに落ち込む時間帯があったりはしません。

うつ病のなかでも「仮面うつ病」の場合、精神的な症状よりも体の不調のほうが大きく現れるため、自律神経失調症と間違われることが多くあります

 

パニック障害とは

体に悪いところもなく原因もないのに、突然激しい動悸や発汗、頻脈、震え、息苦しさなどが起こるのがパニック障害です。パニック障害も、自律神経が乱れ交感神経が優位になることによって生じるといわれています。

突然激しい発作に襲われる「パニック発作」、「また発作が起きるのではないか」と予測して不安になる「予期不安」、「その場所に行ったら、また発作が起きるのではないか」と想像して不安になる「広場恐怖」などがおもな症状です。

 

自律神経失調症と統合失調症との違い

統合失調症も、自律神経失調症と間違われやすい病気のひとつです。ですが、自律神経失調症が自律神経の乱れによって起こるのに対し、統合失調症は原因はまだはっきりわかってはいませんが、脳の神経伝達物質の働きが異常になって起こると考えられています。2002年までは「精神分裂病」と呼ばれていました。

思考や感情がまとまりにくくなり、的外れな応答をしたり、妄想や幻聴など、人によってさまざまな症状が現れます。初期の段階では、自律神経失調症のような症状を訴える人が多く、見極めが難しいケースもあります。実際に、医師によって診断が分かれることも多々あるようです。

 
自律神経失調症の治し方のすべて