自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 克服するための心構え~自律神経失調症を知る~ » どんな病気なの?

どんな病気なの?

そもそも、自律神経失調症とはどのような病気なのでしょうか。具体的な症状を交えて説明し、自律神経失調症の4つのタイプについても解説しています。

自律神経失調症ってどんな病気?

木漏れ日画像人間には、自律神経という神経があります。

これは、心臓を動かしたり食べ物を消化したり、汗をかくなど、自分の意思ではコントロールすることができない神経です。

そして、自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。このふたつは、それぞれ対照的な働きをしています。

交感神経 おもに活動したり緊張したりするときに働く神経で、脳や体を動かして心身ともに活動しやすくします。
副交感神経 リラックスしたり休息するときに働く神経。内臓を動かしたり、血管を拡張させたりする働きがあり、体を修復する働きがあります。
 

日常生活における交感神経と副交感神経の優位性

日常生活における交感神経と副交感神経の優位性たとえば、仕事中は交感神経が優位になり、副交感神経の働きは低下しています。そのため、心身ともに緊張して活動的になります。

夜になると交感神経の働きは収まり、副交感神経が活発に働きます。すると、心と体がリラックスして、休息したり眠ることができるのです。ちなみに、低気圧の日は副交感神経が優位になるといわれています。

このふたつは同時に働くことはできません。どちらかが働いているときは、どちらかは休んでいます。

交感神経と副交感神経は互いにバランスをとりながら働いているのですが、何らかの原因でこのバランスが崩れてしまうと、自律神経失調症となってさまざまな症状が現れてくるのです。

 

自律神経失調症には4つのタイプがある

交感神経と副交感神経のバランスが乱れる病気「自律神経失調症」ですが、症状によって4つのタイプに分けられます。

 

心身症型自律神経失調症

仕事や人間関係などのストレスによって発症。完璧主義の人、がんばりすぎる人、周囲に合わせすぎる人、NOが言えない人、他人の期待に応えようとする人が多い。

 

神経症型自律神経失調症

心理的なことから発症する。神経が過敏で、ちょっとしたことを気にしたり不安にしてしまう人がなりやすいので、症状が悪化したり長引きやすい。身体症状だけでなく、不安やイライラなどの精神症状も現れる。

 

抑うつ型自律神経失調症

抑うつ感があり、無気力、意欲低下などの精神症状を伴う。職場の移動や転職、定年、引っ越し、家族との別れなど、生活の中で大きな変化があったときに発症しやすい。真面目な人、几帳面な人、責任感の強い人、完璧主義の人が発症しやすい。

 

本態型自律神経失調症

生まれつき、自律神経のバランスが崩れやすい人が発症する。ストレスや心理的原因がなくてもなることがある。このタイプの人はごくわずか。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて