自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 克服するための心構え~自律神経失調症を知る~

克服するための心構え~自律神経失調症を知る~

そもそも、自律神経失調症とはどんな病気なのか、原因は何なのか、予防するにはどうしたらいいのかなど、自律神経失調症についての基本知識をまとめています。この病気の理解を深めて、自律神経失調症を克服しましょう!

自律神経失調症を克服するために

自律神経失調症を克服するために

まずは、自律神経失調症という病気について解説。自律神経の「心身型」「神経症型」「抑うつ型」「本体型」の4つのタイプについても説明します。

自律神経失調症になるには、いくつかの原因があります。もっとも多いのがストレス。嫌なこと、不快なことはもちろん、新しい環境や新しいことに意欲的になっている場合でも、ストレスを感じることがあります。

生活リズムが乱れることによっても、自律神経は乱れます。夜更かしや昼夜逆転の生活、睡眠不足はいけません。

女性ホルモンのバランスが乱れるのも、自律神経失調症の原因のひとつ。更年期の女性に、自律神経失調症を発症することが多いのもそのためです。

自律神経失調症を予防するためには、とにかくストレスをためないこと。そして、生活リズムを整えて、睡眠をしっかりとることも大切です。バランスのいい食事をとって、適度に体を動かすようにしましょう。

自律神経失調症と診断された場合、心配になるのが仕事のこと。自律神経失調症の大きな原因はストレスですが、そのストレスを受けやすいのが仕事です。また、仕事が忙しいと生活も不規則になるので、自律神経を乱す原因になります。治療のために一時、仕事をお休みするというのもひとつの方法です。

うつ病や統合失調症、パニック障害など、自律神経失調症と間違えやすい病気も紹介しています。

どんな病気なの?

自律神経失調症という名前は聞いたことがあっても、実際にはどんな病気なのか詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?まずは自律神経失調症の具体的な症状やタイプについて説明していきます。

自律神経である交感神経・副交感神経の働きを知ると、なぜ人によって症状の現れ方が異なるのかがわかります。

また、症状の現れ方によって自律神経失調症は4つのタイプに分けることができるのです。

自律神経失調症ってどんな病気?>>

原因はなに?

自律神経失調症の原因と考えられているものはいくつかあります。最も大きな原因としてはストレスが挙げられます。適度なストレスは人間の成長に必要ですが、過度なストレスは心と体の健康を害するものです。自律神経はストレスの影響を受けやすいので注意が必要です。

この他、環境の変化や生活リズムの乱れ、女性ホルモンの影響でも自律神経失調症になってしまうことがあります。

現代人は誰でも、自律神経失調症になるリスクを抱えているのです。特に、自律神経失調症になりやすい性格タイプについてもまとめてみました。

自律神経失調症の原因の代表はストレス>>

予防するにはどうすればいい?

自律神経失調症は、普段の生活習慣を整えることで予防することができます。早寝早起きや食生活の改善など、ありきたりに思えるかもしれませんが、自律神経を整えるために心がけたい生活習慣の改善についてご紹介しています。

いきなりすべてを実践しようとするとかえってストレスになってしまうことがあるので、自分のできそうなところから取り入れてみて下さい。

また、すでに自律神経失調症になってしまった方も、病院での治療とあわせて生活習慣を整えることが勧められます。

自律神経失調症の予防法とは>>

どうやって治療していくの?

自律神経失調症になってしまった場合、いくつかの療法を組み合わせて治療していくのが一般的なようです。栄養療法、漢方薬、その他の治療薬、症状に合わせた病院での治療、セルフケアについて詳しくご紹介していきます。

自律神経失調症は、症状が長引いたり、症状が軽くなったり重くなったり、改善されてきた症状が再び悪化することがあります。そのため、定期的にかかりつけ医を受診して治療を行っていくことがすすめられます。

自律神経失調症の治療方法>>

自律神経の仕組みって?

自律神経失調症を予防したり改善したりするためには、自律神経の仕組みや働きについて正しく理解しておくことも大事です。自律神経の交感神経の働き、副交感神経の働き、二つがどのように私たちの体の中で機能しているのかを詳しくまとめました。

リラックス・休息をとらないといけない理由がなんなのか?ぜひこちらのページで確認してみて下さい。

交感神経と副交感神経のバランス>>

診断されたら仕事はどうする?

もしも自律神経失調症と診断されてしまった場合、仕事をどうするのかについては多くの方が悩むようです。症状が軽い場合は、上司へ相談することで職場環境を改善することもできるかもしれません。健康保険の制度(傷病手当金)を利用できるなら、しばらくの間は療養に専念することもできます。

仕事のストレスが原因で自律神経失調症になってしまったのなら、休職することも選択肢に入れて考えてみましょう。

自律神経失調症になったら仕事はどうする?>>

似ている病気があるって聞いたけど?

自律神経失調症と症状が似ており、間違いやすい病気があります。よく間違われるのはうつ病で、これはどちらもストレスが大きな原因となっていて症状も似ているところがあります。それ以外にも、統合失調症やパニック障害などが自律神経失調症と間違われやすいようです。

これらの病気の特徴や、自律神経失調症との違いについてまとめてあります。

自律神経失調症とうつ病の違い>>

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて