自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

症状から改善方法まで自律神失調症まるごと大辞典 » 自律神経失調症の原因 » 女性ホルモンの影響

女性ホルモンの影響

女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経のバランスも乱れてしまい、自律神経失調症の症状があらわれることがあります。不眠・憂鬱・のぼせ・冷え・立ちくらみ・動悸などは、更年期障害にも多い症状です。

自律神経失調症は女性ホルモンが原因

自律神経失調症においては、女性ホルモンの影響も原因の一つであるといえます。なぜかというと、どちらも大脳の同じ部分でコントロールされているためです。女性ホルモンが直接自律神経に作用しているわけではないのですが、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、間接的にその影響を受けて自律神経までもが乱れてしまうようです。

女性は、初潮のはじまる思春期、妊娠、出産、閉経・更年期と人生を通してホルモンが大きく変動するため、男性よりも自律神経失調症にかかりやすいといわれています。

特に、更年期の女性に自律神経失調症が多いのは、この時期に女性ホルモンが大幅に減ることが関係しています。

自律神経と女性ホルモンの関係性とは?

自律神経(交感神経と副交感神経)の働きを支配しているのは、大脳の視床下部というところです。

卵巣に命令を出して女性ホルモンの分泌にかかわっているのは、この視床下部と、そのすぐそばにある脳下垂体になります。

卵巣から女性ホルモンを出すためには、脳の視床下部から命令がでて、その命令を受け取った下垂体がさらに卵巣に命令を出し、やっと女性ホルモンが分泌されているのです。

しかし、閉経すると卵巣は女性ホルモンを出さなくなります。すると、視床下部は女性ホルモンが足りないと判断して沢山命令を出すようになります。

いくら命令を出しても女性ホルモンが増えない状態が続くので、やがて視床下部は混乱しはじめます。

先にご紹介のように、視床下部には自律神経をコントロールする役割もありますが、このように混乱した状態の視床下部は自律神経のコントロールもうまくできません。

すると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、自律神経失調症の症状があらわれてくる、というメカニズムです。

このように、視床下部が女性ホルモンの影響を受けることで自律神経失調症になることがあるのです。

女性ホルモンが激減する更年期は特に自律神経失調症になりやすいですが、もちろんそのほかの年齢層の女性も、精神的ストレスや食生活の影響で女性ホルモンが減少することがありますから注意が必要です。

女性ホルモンを増やすには

女性ホルモンのバランスが大きく変化した時は、自律神経失調症の症状が出やすいです。特に閉経前後は女性ホルモンが急激に減少するため、ホルモン量の落差による脳の混乱が起こりやすく、症状が重くなる場合もあります。

その場合、脳の混乱が収まる数年間だけ女性ホルモンを少量補うという治療法もあります。日常生活に支障が出ている場合は、婦人科を受診してホルモン補充療法を受けるというのも一つの手段です。

ですが、できれば普通の食生活の中で女性ホルモンを増やしていく方が安心ですね。

女性ホルモンを増やす食べ物としては、次のようなものがあります。

大豆

大豆には、女性ホルモンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンが含まれています。豆腐、豆乳、きなこ、納豆、おからなどの大豆製品を普段の生活に摂り入れましょう。

マグロの赤身

女性ホルモンの代謝に必要なビタミンB6が豊富です。マグロだけでなくほとんどの魚に含まれているので、魚も積極的に食べましょう。

良質なコレステロールは女性ホルモンの材料になります。毎日卵1個程度を目安に摂取すると良いようです。

マカ

女性の生殖機能を活性化して女性ホルモンを整える効果があります。妊活や更年期障害の緩和におすすめの成分です。さまざまなメーカーからサプリメントが出ています。

ざくろの種子

植物性エストロゲンが豊富に含まれているそうです。

アボカドやアーモンド

ホルモン分泌のコントロールを助ける働きのあるビタミンEが豊富です。イソフラボンと一緒に摂取するとより効果的です。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて