自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症の治し方のすべて

自律神経失調症を改善するために

自律神経失調症は、がんばりすぎるあなたへのサイン

自律神経失調症は、その名のとおり自律神経のバランスが乱れることによって起こる病気です。症状は人によってさまざまで、めまいや頭痛、肩こり、不眠、下痢、発熱、イライラ…

この病気になりやすいのは、他人の期待に応えようとする人、真面目な人、責任感の強い人、自分よりも周りの人に合わせようとする人など、がんばり屋さんに多いといわれています。自律神経失調症の諸症状は、これ以上がんばりすぎて症状が悪化して、あなたが倒れたりしないようにという身体からの信号なのです。

自律神経失調症はどんな病気?

自律神経の乱れによる頭痛の症状

「体がなんとなく不調」「なんとなく元気が出ない」「最近憂鬱な気分が抜けない」「動機やめまいがする」など、体のどこも悪くないはずなのにこのような症状が出てツライ思いをしている方はいませんか?

これらの症状が出ている場合、自律神経失調症である可能性があります。
自律神経失調症とは、不規則な生活やストレスなどによって、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れることで引き起こされる様々な身体の不調のことをいいます。内臓や器官などに病変ができるわけではないので、病院で検査しても異常なしといわれることも多いです。

 

そもそも自律神経とは?

自律神経というのは末梢神経の一つです。内臓の筋肉(平滑筋)や心筋・腺などに中枢神経からの活動命令を伝える役割を果たしている神経系のことを言います。

そして自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれが正反対の働きをすることで体と心の健康を守っています。

 

交感神経

活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時に働くのが交感神経です。体を活動させるための働きをしています。

 

副交感神経

リラックスしている時、休息している時、眠っているときに働くのが副交感神経です。体を修復したり疲労回復させる役割を担っています。

健康な人は、交感神経と副交感神経が交互にバランスよく働いていますが、生活が不規則だったりストレス過多になると交感神経が過剰に働いてしまいます。すると、副交感神経が働けなくなって体に様々な症状が現れます。自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることによって引き起こされるのです。

自律神経失調症には4つのタイプがある

  • 本態性型自律神経失調症…もともと自律神経の働きが乱れやすく、なんのきっかけもなく自律神経失調症になってしまうタイプです。原因はよくわかっていないようですが、生まれつき自律神経が緊張しやすく、アンバランスになりやすい体質の方がなると考えられています。
  • 神経症型自律神経失調症…心理的なことが原因で自律神経のバランスを崩し、さまざまな不調を訴えるタイプです。ノイローゼと間違われることも多いですが、身体的不調が多い場合に自律神経失調症と診断されます。自分の体の不調に敏感な人や不安感の強い人、神経質な人に多いとされています。
  • 心身症型自律神経失調症…日常生活のストレスによって自律神経のバランスを崩してしまうタイプです。まじめで責任感の強い性格の人が、感情やストレスを無理に抑え込むことで発症してしまうようです。自律神経失調症と診断される方の約半数はこのタイプと言われています。
  • 抑うつ型自律神経失調症…慢性的なストレスの蓄積による身体症状が目立つものの、問診すると背後に抑うつ気分(意欲や気力などの精神機能が下降した状態)が隠れているタイプ。うつ病と間違われやすいという特徴があります。几帳面・完全主義・執着心が強いなどの傾向がある人に多いようです。

自律神経失調症のセルフチェック

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

なんとなく体調不良が続いているけど、程度が軽いから放っておけば治るだろう…もしかしたら、その体調不良は自律神経の乱れによって起きているのかもしれません。身体からの信号を少しでも感じている人は、自律神経失調症のセルフチェックで、自分の自律神経バランスを確認してみてください。

自律神経失調症が引き起こす症状について

 

めまい・耳鳴り

ぐるぐるするようなめまい、立って歩けないようなめまい(回転性)や、周囲や自分の体がふわふわ揺れるような感じのするめまい(非回転性)は、自律神経失調症からきている可能性があります。また、「キーン」「ジー」といった音が聞こえる耳鳴りも自律神経失調症でよくある症状です。

めまい・耳鳴りの症状と対策方法≫

 

しびれ

片手や片足だけしびれるのではなく、両手・両足・顔全体・背中など、体全体や左右両方にしびれを感じることが多いようです。
これは、交感神経が緊張して体の筋肉が硬くこわばり、血液の流れが悪くなって神経が酸欠状態になって起こる症状です。

しびれの症状と対策方法≫

 

下痢・腹痛

大事な会議の前にお腹が痛くなる・不安や悩みがあると下痢してしまう・食べ過ぎたわけでもないのに下痢してしまう・便秘と下痢を繰り返す、などの症状は自律神経失調症かもしれません。大腸の働きは自律神経がコントロールしているためです。

下痢・腹痛の症状と対策方法≫

 

食欲がない

食事の時間になっても、好きな食べ物を見ても食欲がわかない・食べると胃がムカムカする・食べると胃が重い・胸がつかえて食べ物を飲み込むのがつらいような気がする、などの症状が現れることがあります。消化器官は副交感神経が支配しているので、交感神経が優位のままだとお腹が空きにくくなるという特徴があります。

食欲がないの症状と対策方法≫

 

発熱・微熱

風邪でもないのに37度くらいの微熱が長期にわたって続く・微熱が下がったと思ったら、再び熱が上がることがある、といった症状も自律神経失調症の可能性があります。更年期障害と併発している場合にも多く見られる症状です。

発熱・微熱の症状と対策方法≫

 

吐き気・咳

咳が全然止まらない・咳止めを飲んでも効果がない・夜寝る前になると咳が出る・理由がないのに吐き気がする、といった症状が現れることがあります。
自律神経のバランスが崩れ、気道が狭くなってしまうことで咳が出てしまうのです。

吐き気・咳の症状と対策方法≫

 

汗をよくかく

暑いわけでもないのに大量に汗が出る・緊張すると汗が大量に出る、といった症状も自律神経失調症の疑いがあります。手のひらやわきの下、頭や顔、背中、胸、足の裏などから沢山汗をかきます。発汗機能は交感神経によってコントロールされているので、自律神経のバランスが乱れると異常な発汗が起こります。

汗をよくかくの症状と対策方法≫

 

頭痛・肩こり

ズキンズキンと脈に合わせて痛む・頭の片側が痛む・痛みのピークに吐き気がする・頭痛の前に前兆がある・肩こりとともにぎゅーっと締め付けられる頭痛がある・毎日同じ時間に強烈な痛みがある、など。自律神経失調症が引き起こす場合、慢性的な頭痛で肩こりも併発していることが多いです。

頭痛・肩こりの症状と対策方法≫

 

不眠

なかなか寝付けない・夜中に何度も目が覚める・朝早くに目が覚める・ちゃんと寝たのに寝た気がしない・寝たはずなのに朝から疲れている・薬を飲まないと眠れない、などの不眠も自律神経失調症で起こる症状です。

不眠の症状と対策方法≫

 

光がまぶしい

太陽の光がまぶしい・パソコンの光が妙に明るくまぶしく感じる・テレビの光がまぶしい・蛍光灯の光を見るとまぶしい、など、通常なら何とも感じない程度の光がやけにまぶしいと感じることがあります。自律神経失調症になると瞳孔が収縮しにくくなり、入ってくる光をうまく調整できなくなることが原因です。

光がまぶしいの症状と対策方法≫

 

生理痛・生理不順

生理の時におなかが痛い・生理の周期がバラバラ・生理の時に気分が落ち込む・イライラする、など、生理痛が酷くなったり生理不順になる原因に自律神経失調症が隠れていることがあります。自律神経の乱れが女性ホルモンのアンバランスを招くことがあるからです。

生理痛・生理不順の症状と対策方法≫

 

感情が不安定(イライラする)

普段なら気にならないことでもカッとしてしまう・意味もなくイライラする・些細なことでもイライラするなど、自律神経失調症になると神経が敏感に反応するようになってしまいます。原因不明の不安感や緊張感などの症状も同様に起こることがあります。

感情が不安定の症状と対策方法≫

 

息切れ・動悸

ちょっと歩いただけで息が切れる・少し階段を上っただけで息切れがする・突然動悸がする、といった症状が現れることがあります。この原因は、ストレスで交感神経が緊張して脈拍が早くなるためです。検査で異常が見つからない動悸・息切れは、自律神経失調症のせいかもしれません。

息切れ・動悸の症状と対策方法≫

 

胃痛

緊張すると胃がきゅっと掴まれたように痛む・ストレスから食べ過ぎて胃が痛む・胃痛と同時に胃がムカムカする、などの症状は自律神経失調症が原因かもしれません。副交感神経の働きが弱くなることで、これらの症状が起こります。

胃痛の症状と対策方法≫

 

冷え性

手足は冷えて上半身がほてる・夏でも冷えを感じる・手足やお腹が冷え、特に冬に悪化する・足がむくむ・便秘気味・冷えだけでなく肩こりや腰痛などの症状もある、といった場合は自律神経のバランスが崩れていることが原因の一つかもしれません。自律神経失調症で血流が悪くなると冷えの症状が出ます。

冷え性の症状と対策方法≫

 

目の渇き・ドライアイ

目が痛い・目が赤い・重たい感じがする・涙が突然出る・目やにが出る・目が乾いた感じがする・目がごろごろする・目が疲れる、などの症状も自律神経失調症が関係していることがあります。涙のコントロールは副交感神経が担っているからです。

目の渇き・ドライアイの症状と対策方法≫

 

顎関節症

顎を動かすとカクカク音が鳴る・口が大きく開けられない・口を大きく開けると顎が痛い・こめかみや耳が痛い・顎が痛い・食事の時に顎が痛い、音がなる・噛み合わせに違和感があるなど。自律神経失調症の人は顎関節症になりやすいと言われています。

顎関節症の症状と対策方法≫

自律神経失調症が引き起こす病気について紹介

上記のように、自律神経失調症はさまざまな病気・症状を引き起こしてしまいます。症状が特定の部位に強くあらわれた場合、自律神経失調症ではなく別の診断が下ることもあります。

不整脈・過呼吸症候群・過敏性大腸症候群・起立性調節障害・神経症嘔吐症・更年期障害・メニエール病・顎関節症・膀胱神経症などは、自律神経失調症との一種(仲間)と考えていいようです。

自律神経失調症の原因とは?

 

ストレス

自律神経失調症の最も大きな原因はストレスだと言われています。自律神経は、日常生活の中で受けるさまざまなストレスから自分を守るための「自己防衛機能」を担っています。

そして、ストレス要因となるものは、学校や仕事上、家庭などでの人間関係、肉体的なストレス、生活環境の変化、騒音、病気、気温、湿度、気圧、空気や水の汚染、タバコ、雨、洗剤等の化学物質など、多種多様です。

生活上で何らかのストレスが生じ、精神的な緊張状態が長く続くことで交感神経が優位になり、副交感神経への切り替えがうまくできなくなると、自律神経のバランスが崩れて自律神経失調症を引き起こしてしまうのです。

どの程度のストレスで自律神経失調症になるのかは個人差がありますが、自分にとって深刻な問題からくるストレスが重なると発症しやすくなるようです。

 

生活リズムの乱れ

本来の人間らしい生活リズムは、朝に起きて昼に活動し、夜になったら眠る、という健康的な生活です。このリズムを無視し、夜12時以降に寝ることが多かったり、睡眠時間が極端に短かったり、毎日寝る時間が不規則だったりすると自律神経のバランスを崩しやすいのです。また、食生活の乱れも自律神経失調症の原因になります。コンビニ弁当やインスタント食品、外食などで食事を済ませてしまうと、どうしてもビタミン・ミネラル類などが不足しがちになります。すると体が栄養不足になって必要な機能を果たせなくなることで自律神経失調症を引き起こすことがあるのです。

さらに、現代人は体を動かす機会が少ないことも関係しているようです。運動習慣のある人は、ない人に比べて自律神経失調症になりにくいとも言われています。適度な運動は自律神経やホルモンのバランスを整えてくれる効果があります。

 

女性ホルモンの影響

自律神経は女性ホルモンとも関係があり、女性の方が男性よりも自律神経失調症になりやすいと言われています。なぜかというと、自律神経も女性ホルモンも、脳の同じ部分がコントロールしているからです。この視床下部はホルモンからの刺激を受けることもあり、ホルモンバランスがうまく均衡を保てなくなると自律神経のバランスを乱す原因となるのです。

女性は、初潮・月経・妊娠・出産・更年期・閉経とホルモンバランスが大きく変わる時期があり、特に更年期のころの女性ホルモンの激減は自律神経にも大きなダメージを与えるといわれています。

不眠・イライラ・汗をかきやすくなる・めまい・耳鳴り・憂鬱・落ち込みなどの症状は、更年期障害と自律神経失調症を併発している可能性もあります。

自律神経失調症の治療法について紹介

 

治療薬

自律神経失調症の治療方法

自律神経失調症の治療で、一般的なのは投薬療法です。ほとんどの病院では、自律神経失調症の治療に次のような薬を使用しています。

  • 自律神経調整薬…交感神経と副交感神経のバランスを整える作用
  • 抗不安薬…不安や緊張を和らげる働き
  • 自律神経末梢作用薬…胃痛、頭痛、動悸、不整脈などの症状を改善する
  • 抗うつ剤…抑うつ感や落ち込み、不安、イライラなどが強い場合に使用
  • 睡眠導入剤…寝つけなかったり中途覚醒や早朝覚醒がある人に使う

こうした薬は効果が高い反面、大なり小なり副作用が伴います。眠気や便秘、めまいなどがおもな副作用ですが、それよりも怖いのは依存性です。

薬を使い続けていくうちに体が薬に慣れてしまい、それまで以上の量を使用しないと効果が出なくなる…さらに薬の使用をやめた時、イライラや不安感、倦怠感などの離脱症状が現れてきます。

薬の試用期間が長ければ長いほど、服用している薬が多ければ多いほど、この離脱症状は大きくなります。

 

病院での治療

病院での治療は主に投薬が中心となりますが、薬物療法以外には、マッサージや整体・温熱療法・鍼灸・指圧などの理学療法、心の問題を治療する心理療法(カウンセリングや自律訓練法など)といった治療法もあります。

なお、身体症状が顕著な場合には、まずはその症状に合った科を受診しましょう。

めまい・耳鳴りなら耳鼻科、頭痛・腹痛・吐き気・動悸なら内科、肩こり・腰痛なら整形外科が良いでしょう。それでも症状が改善しない場合や精神的な症状が強い場合は、心療内科や精神科を受診してみましょう。

 

漢方薬

東洋医学では、漢方薬を使用して自律神経失調症の根本治療を目指します。

漢方薬には自然治癒力を高める作用があり、その働きによって自律神経の乱れを整える効果が期待できるのです。自律神経失調症の治療には次のような漢方薬がよく用いられます。

  • 桂皮(けいひ)…胃腸機能の調整や免疫力回復、中枢神経の興奮を抑えるなどの効果。自律神経失調症による頭痛や食欲不振にも。
  • 四逆散(しぎゃくさん)…腰痛・肩こり・胃腸の痛みの緩和作用。
  • 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)…精神を安定させて筋肉の緊張を和らげる効果
  • 丁子(ちょうじ)…下痢や消化不良に。体を温め、消化器官の機能を高める効果。
  • 酸棗仁湯(さんそうにんとう)…睡眠障害・不眠の症状を改善
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)…消化促進
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)…ホルモンバランスの調整、生理痛・生理不順、血流促進などの効果。

※漢方薬は、その人の体質によって処方が変わるため、証の見極めが肝心です。

 

食事などライフスタイルの見直し

自律神経失調症を根本から治療するためには、自分のライフスタイルを見直すことも重要です。

特に、睡眠不足や不規則で栄養バランスの悪い食生活などは自律神経のバランスを乱す大きな原因となります。

自律神経をうまく働かせ、ストレスに負けない抵抗力や免疫力をつけるためには栄養バランスの良い食生活が欠かせません。そして、夜に副交感神経をしっかり働かせるためには、適度な睡眠時間を確保することも大事です。また、一日の終わりには湯船に浸かるなど、休息できる時間も大切にしましょう。

 

そのほかの療法

自律神経失調症になってしまう方は、日常生活でうまくストレス解消できなかったり、リラックスするのが難しい状態に陥っています。そんな時に役立つセルフケアの方法をいくつかご紹介します。どれもすぐにはじめられる簡単なものです。

テレビを見ながらでもできるツボ押しは、頭痛や肩こりなどに効果的ですし、適度な運動は、ストレスの解消にとても効果的で自律神経の働きも整えてくれます。この他、ヨガやアロマなどもリラックス効果が高いのでおすすめです。

自律神経失調症を改善させるためにできること

自律神経のバランスを整えるための栄養成分

自律神経のバランスを整えるための
栄養成分

食品には、自律神経のバランスを整えるのに有効な成分がたくさんあります。大切なのは、薬に頼らず食事で改善していくこと。ただ、野菜や魚をたくさん食べれば良いということではありません。食品に含まれる成分が、自律神経に対してどのような効果があるかを理解することが重要です。自律神経改善の力強い味方になってくれる、オススメの成分をお話しましょう。

 

アミノ酸

アミノ酸の主な効果として、ストレスや疲れを軽減させるというものがあります。また、気持ちを落ち着かせてくれる効果も。必須アミノ酸に含まれる成分の1つであるイソロシンは、神経機能の補助をしてくれるため、積極的にとりたい成分です。

詳しく見る詳しく見る

 

鉄分

血が足りなくなってしまうと、血中にあるヘモグロビンが減少します。ヘモグロビンは、脳に酸素をおくる重要な役目を持っているため、鉄分が不足すると自然と脳の機能が低下。それにより精神的な疾患につながるというケースもあるそう。積極的に鉄分を摂ることが大切なのです。

詳しく見る詳しく見る

 

ビタミンA

ビタミンAは、自立神経のコントロールをして症状を和らげてくれるという効果があります。自律神経のバランスが崩れると、副腎皮質ホルモンという物質がタンパク質からエネルギーをつくりだし、コントロールをしてくれます。この副腎皮質ホルモンの元になるのが、ビタミンAなのです。

詳しく見る詳しく見る

 

自律神経失調症に効果のある成分が摂れるサプリメント

アミノ酸部門

三黒美酢の画像
画像引用元:花菜
http://www.hanna-saku.jp/sangokulp/kuro-001.html

商品を詳しく見る商品を詳しく見る商品を詳しく見る

商品名
価格
三黒の美酢(さんごくのみず)
2,880円
主な栄養成分 アミノ酸、ポリフェノール、レシチン、DHA/EPA
特徴 宮崎県綾町で代々つくられる黒酢もろみに、ミネラル豊富な黒ニンニク、希少価値の高い黒卵の3つを贅沢に配合したサプリメント。普通の酢の約133倍ものアミノ酸が配合されています。抗酸化力の高いポリフェノールは、生にんにくの5倍も入っているというから驚きです。自律神経の崩れに効果的とされる、アミノ酸をたっぷり取り入れることができます。

鉄分部門

美めぐり週間の画像
画像引用元:さくらの森
http://sakura-forest.com/syouhin/bimeguri/

商品を詳しく見る商品を詳しく見る商品を詳しく見る

商品名
価格
美めぐり習慣
3,980円
主な栄養成分 鉄分、ビタミンC
特徴 国産のレバーエキスを原料としていて、鉄分と相性が良いアセロラも配合しています。さらに、モロヘイヤや地球最古といわれるスピルリナ(藻)も配合するなど、素材にこだわってつくられたサプリメントです。

ビタミンA部門

パーヘクトAの画像
画像引用元:ネオメディック
http://www.neomedic.co.jp/shopping/?pid=1319709985-775232&ca=9

商品を詳しく見る商品を詳しく見る商品を詳しく見る

商品名
価格
perfect A
9,504円
主な栄養成分 ビタミンA、リコピン
特徴 1粒だけで十分な量を摂取できるビタミンAが配合されています。もちろん自律神経への効果も期待できますが、視力維持や皮膚の粘膜を丈夫にすることもうたわれています。開発に医師が関わっていることもあり、安心感のあるサプリメントです。

【当サイトについて】サイトで紹介している内容は、2016年4月にリサーチした情報をもとにしています。
自律神経失調症は病気ですので、症状を自覚した際は専門の医療機関で受診することをおすすめします。

あなたのバランスは?15個の質問でわかる自律神経失調症セルフチェック

 
自律神経失調症の治し方のすべて